巽醤油の製法

和食の基礎調味料、「さ・し・す・せ・そ」の一つである醤油は現在でも日本人の食卓や料理の味付けには欠かせないもので、昔から醤油は万能調味料と言われてきました。

合名会社 梶田商店では万能調味料だからこそ、どのような料理、用途でも美味しく召し上がっていただける醤油を目指して日々、繰り返し古より伝わる製法で醸しております。

大豆と小麦で醤油麹を製麹(せいきく)して、食塩水と掛け合わし、杉桶に仕込みます。四季を感じる天然醸造で酵母添加を含め、一切の添加物も加えず、二夏の間、じっくりと醗酵・熟成させていきます。
大豆は地元随一の契約栽培農家のフクユタカ(1等級相当)、小麦は愛媛県産のチクゴイズミ・ミナミノカオリ(1等級)、塩は香川県産の海水を汲み上げたものと、地元のものを意識して選別しています。

梶田商店はこの大洲で130年以上も醤油を醸してきて、地元の方々に支えられてきました。美味しい醤油が造りたいという理由だけで良質な原料を地元以外に求める必要がないと考え、自分達の培ってきた醤油製造の技術・経験・誇りで美味しい醤油が造れると確信し、原料は地元のものを使用しています。
それに加えて、梶田商店では醤油製造において、手間と時間をかける昔ながらの製法で醤油を造る技術、職人がおります。

これからもずっと、粛々と今まで通り、伸びが良く、料理の味を美味しく引き上げてくれる名脇役で、どんな料理にも合う醤油を醸し続けていきます。